普通自動車、軽自動者、バイクの登録の印鑑不要

陸運局・軽陸運局の印鑑不要な手続き

 

ニュースや他の記事やブログでも書かれている方がいるので、すでにご存じの方が多いかと思いますが、

 

普通自動車・軽自動車・バイクの登録の印鑑不要について取り上げてみます。

 

ご存知のとおり、菅新政権が発足してから行政続きの脱ハンコ化が進められ、自動車関連の登録も一部の登録に脱ハンコ化が行われています。

 

それにより改正された自動車登録令が2021年1月1日から施行され、今まで押印が必要だった書類、委任状(※一部の登録は必要です。)の貼付が不要になりました。

 

ただ全ての書類が不要になったのではなく、一部の書類には印鑑、委任状が必要みたいです。

 

足立運輸支局の窓口で確認したところ、

普通自動車では、

 

新規登録

移転登録

抹消登録(一時抹消・永久抹消・輸出抹消)

所有者変更記録(一時抹消後の所有者の変更のこと)

所有権つきの自動車の登録

 

の登録に関しては、

今までどおり印鑑・委任状が必要とのことです。

 

また、

解体の届出又は永久抹消を行う際に、重量税還付金を第三者に委任する場合

にも、押印された委任状が必要とのことです。

(特殊なケースや各陸運局の窓口、担当者によりやや判断が異なる場合があるので、事前に陸運局に問い合わせたほうがいいかと思います。)

 

バイク(軽二輪・小型二輪)の登録では、

原則、

印鑑・委任状は不要とのことです。

(特殊なケースや各陸運局の窓口、担当者によりやや判断が異なる場合があるので、事前に陸運局に問い合わせたほうがいいかと思います。)

 

驚きですよね。

 

印鑑・委任状なく名義変更・廃車など出来るってことです。

 

軽自動車の登録では、

 

原則、登録に関しては印鑑不要とのことです。

 

ただし、

申請依頼書(普通車の登録でいう委任状)は今までどおり添付して欲しいとのことでした。

 

また、

 

旧所有者と旧使用者が異なる場合の名義変更では、

旧所有者の所有者承諾書を貼付

してほしいとのことです。

(旧使用者が軽自動車を分割(ローン)で購入し、所有権がついている場合など。)

 

行政手続きのハンコ文化が急にかわり、ガラっと手続きが変わったため混乱しますよね。

 

また不要と思っていたのが必要で、申請できない場合もありますので、

事前に問い合わせて確認しておくのが、安心で確実かと思います。